平成22年(2010)~

第151回例会 平成二十二年四月二十四日(土)
時間:午後二時より
場所:二松学舎大学
研究発表 発表題目・要旨
*川端文学作品に見る特攻隊基地の記憶
―「生命の樹」から「弓浦市」まで―
愛知県立熱田高校 渡邊幸代
*川端文学における現象表現について
―『白い満月』を中心に―
創価大学 山中正樹
平成二十二年度総会

第152回例会 平成二十二年八月二十一日(土)
時間:午後一時より
場所:二松学舎大学
研究発表 発表題目・要旨
*「足袋」について
立正大学大学院博士後期課程 白鳥博康
*川端康成「牧歌」論
―「神話」からみる「故郷」
東洋大学大学院研究生、北海高等学校講師 堀内京
*川端康成の「魔界」思想と戦争の関わり
―『みづうみ』の「銀平」を視座として
早稲田大学大学院博士後期課程 李聖傑
司会・石川偉子(一橋大学大学院博士後期課程)

第153回例会 平成二十二年十二月十八日(土)
時間:午後二時より
場所:二松学舎大学
研究発表 発表題目・要旨
*方法としての<「魂」の幻想化>
―川端康成「金塊」をめぐって
東京家政学院高等学校非常勤講師 小林洋介
*「油」を読む
山形県立米沢女子短期大学教授 馬場重行
司会・白鳥博康(立正大学大学院博士後期課程)

第38回大会 平成二十三年六月二十五日(土)
時間:午後一時より
場所:二松学舎大学
研究発表 発表要旨
◇平成二十三年度総会
◇第三十八回大会
・開会の挨拶 林武志
・司会 田村充正
*金森範子(岐阜市在住)
『十六歳の日記』に残された謎―西芳寺《檀家寺》―
*佐々木寛(信州大学教授)
「金糸雀」はいかに作られているか
・閉会の挨拶 羽鳥徹哉

第154回例会 平成二十三年八月二十七日(土)
時間:午後二時より
場所:川崎市市民ミュージアム
研究発表 発表要旨
・開会の挨拶
・司会 佐藤翔哉(東洋大学大学院博士前期課程)
*橋口恵理加(千代田ラフト[テレビ番組制作会社]ディレクター)
NHK極上美の饗宴シリーズ 我が命の逸品たち
「川端康成 愛しの山水」
◇番組鑑賞
◇担当ディレクターによるお話
・閉会の挨拶

第155回例会 平成二十三年十二月十七日(土)
時間:午後二時より
場所:鶴見大学
研究発表 発表要旨
・開会の挨拶
*西村峰龍(名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程)
「川端康成と「癩病」」
*李聖傑(早稲田大学大学院博士後期課程)
「川端康成『舞姫』における「魔」の変遷について
―占領、舞踊、そして「魔界」―」
・閉会の挨拶
・司会 片山倫太郎(鶴見大学教授)

第156回例会 平成二十四年四月二十一日(土)
時間:午後一時半より
場所:鶴見大学
研究発表 発表要旨
・開会の挨拶 片山倫太郎
*常思佳(北海道大学大学院文学研究科博士後期課程)
「川端康成と関東大震災」
*森本穫(元賢明女子学院短期大学教授)
「川端康成<魔界>の終焉
―「不死」「雪」から「隅田川」まで ―」
・司会 山田吉郎
◇平成二十四年度総会
・閉会の挨拶 林武志

第39回大会 「川端康成と源氏物語」
川端康成没後 四十周年記念大会
平成二十四年四月二十一日(土)
時間:午後一時より
場所:鎌倉市生涯学習センター 二階ホール
・開会の挨拶 平山三男
◇講演
*林武志(二松学舎大学教授)
「川端康成と源氏物語
―「浮舟」と日本伝統文化(結界の中の鎮魂)―」
*伊井春樹(阪急文化財団逸翁美術館館長・
大阪大学名誉教授・前国文学資料館館長)
「川端康成にとって源氏物語はどのような存在だったのか」
・閉会の挨拶 林武志
・司会 福田淳子

第157回例会 平成二十四年八月二十五日(土)
横光利一文学会との合同研究集会
特集「アヴァンギャルド×新感覚派」
時間:午後一時半より
場所:二松学舎大学
・開会の辞
川端康成学会代表 林武志(二松学舎大学教授)
研究発表 例会予稿集
*仁平政人(弘前大学講師)
「「ダダ主義」と「新感覚派」のあいだ
―川端康成「新進作家の新傾向解説」再考 ―」
*高橋幸平(京都光華女子大学講師)
「横光利一「感覚活動」と表現主義」
*須藤宏明(盛岡大学教授)
「アヴァンギャルドとサタイヤ
―『文芸時代』の合評会を中心に ―」
*十重田裕一(早稲田大学教授)
「横光利一における「新感覚派」と前衛映画」
◇ディスカッサント 中村三春(北海道大学教授)
・閉会の辞
横光利一文学会代表 神谷忠孝(北海道文教大学教授)
・司会 馬場重行(山形県立米沢女子短期大学教授)

第158回例会 平成二十四年十二月二十二日(土)
時間:午後一時半より
場所:鶴見大学
研究発表 発表要旨
・開会の辞 片山倫太郎
*佐藤翔哉(東洋大学大学院博士課程前期課程)
「「青い海黒い海」論
―「私」と「作者」の接続性 ―」
*田村充正(静岡大学教授)
「川端康成「山の音」と小津安二郎監督『晩春』
―小説と映画のあいだ ―」
・閉会の辞 林武志
・司会 吉田秀樹

第159回例会 平成二十五年四月二十日(土)
時間:午後二時より
場所:二松学舎大学
平成二十五年度総会
・開会の辞 田村充正
研究発表 発表要旨
*杵渕由香(二松学舎大学大学院博士後期課程)
「『虹いくたび』論 ―冬の京都― 」
*三浦卓(大妻女子大・慶応義塾大ほか非常勤講師)
「川端康成の戦前/戦後再考にむけて
―切断でも連続性でもなく、単行本『哀愁』の非<小説>
テクストを中心として」
・閉会の辞 林武志
・司会 田村嘉勝

第160回例会 平成二十五年六月二十二日(土)
時間:午後二時より
場所:鶴見大学
研究発表 発表要旨
*李聖傑(早稲田大学社会科学総合学術院助手)
「「莫言と川端康成の文学について
―「雪国」の「秋田犬」から「高密東北郷」の
「白犬」へ―」
*石川偉子(一橋大学大学院生)
「川端康成新資料について
―小説「今日の扉」「浅草日記」を中心に」
・閉会の辞 片山倫太郎
・司会 堀内京

茨木大会
一、茨木市宿久庄・文学踏査
平成二十五年八月二十四日(土)
新大阪駅~宿久庄~川端康成文学館
二、茨木市内中心部文学踏査
平成二十五年八月二十五日(日)
茨木高校(以文会友碑他見学)~堀書店・虎谷書店・茨城御坊・京阪新報社跡地
三、川端康成学会・茨木大会
平成二十五年八月二十五日(日)
茨木市立男女共生センター・ローズWAM 地下二階ワムホール
*深澤晴美(和洋九段女子中・高等学校教諭)
茨木市立川端康成文学館蔵・未発表小説
「星を盗んだ父」について
*田村充正(静岡大学教授)
川端康成「美しさと哀しみと」―小説と映画のあいだ―
四、京都(『古都』の舞台と谷崎旧居「石村亭」)踏査
平成二十五年八月二十六日(月)
京都秦家(見学時間約一時間)・石村亭

第161回例会 平成二十五年十二月二十一日(土)
時間:午後二時より
場所:鶴見大学
研究発表 発表要旨
*森下涼子(創価大学大学院博士前期課程)
「『山の音』における能
―<鎮魂(たましずめ)の物語―」
*藤本直樹(文化資源学会/日本比較文学会・会員)
「川端康成「新浦島物語」の典拠
―原作 The Scarlet Empireとその明治期日本における受容―」
・閉会の辞 林武志
・司会 杵渕由香

第162回例会 平成二十六年四月十九日(土)
時間:午後二時より
場所:鶴見大学
研究発表 発表要旨
*堀内京(千葉大学大学院博士後期課程)
川端康成「高原」
―軽井沢というトポス―
*藤森重記
研究会発足前夜 その二
―書くいとなみ・読むいとなみ―
・閉会の辞 林武志
・司会 山田吉郎

第41回大会 平成二十六年六月二十二(日)
時間:午後二時より
場所:二松学舎大学
・開会の辞
研究発表 発表要旨と会場
*内田裕太(明治大学大学院文学研究科博士前期課程)
「招魂祭一景」試論
―「十六歳の日記」「ちよ」との関連を中心に―
*福田淳子(昭和女子大学准教授)
「茨木市立川端康成文学館」収蔵資料について
*片山倫太郎(鶴見大学教授)
「禽獣」における改稿と系統
・閉会の辞

第163回例会 平成二十六年八月三十日(土)
時間:午後二時より
場所:昭和女子大学
研究発表 発表要旨
*澤田繁春
孤児根性にも数多あり
*吉田秀樹
宙空の花 をめぐって
・閉会の辞

第164回例会 平成二十六年十二月二十日(土)
時間:午後二時より
場所:創価大学
研究発表 発表要旨
*仁平政人(弘前大学講師)
「初期川端文学における「科学」と身体の想像力」
*坂井セシル(ディドロ大学)
「パリでの川端康成展のことなど」
*森本穫(元賢明女子学院短期大学教授)
「伊藤初代像の修正と三明永無の実像
―川端康成・岐阜の記念写真をめぐって―」
・閉会の辞 林武志(川端康成学会会長)

第165回例会 平成二十七年四月十八日(土)
時間:午後一時半より
場所:二松学舎大学
平成二十七年度総会
研究発表 発表要旨
*姜惠彬(筑波大学大学院五年一貫制博士後期課程人文社会科学研究科
文芸・言語専攻 日本文学領域)
「川端康成『浅草紅団』論―〈遊戯〉と〈虚構〉を視座として―」
*東雲かやの(早稲田大学大学院博士後期課程)
「不在者のための対話―川端康成『女の手』論」
・閉会の辞 林武志(川端康成学会会長)

第42回大会 平成二十七年六月二十日(土)
時間:午後一時半より
場所:創価大学
大会テーマ:「海外の研究者がみた川端文学研究」
研究発表 発表要旨
*ガーシュパール・ボグラールカ(静岡大学大学院人文社会科学研究科研究生)
「ハンガリーの日本文学受容―川端康成の作品を中心に―」
*常思佳(北海道大学大学院文学研究科博士後期課程)
「「降り落ちて来さうな幻」―川端康成「落葉」論」
*金容安(漢陽女子大学教授)
「『伊豆の踊子』のイメージ分析」
・閉会挨拶 林武志(川端康成学会会長)
・司会 田村充正

第166回例会 平成二十七年八月二十九日(土)
(第3回川端康成学会・横光利一文学会 合同研究集会)
時間:午後二時より
場所:東洋大学
テーマ:「新心理主義文学」再考―「機械」「水晶幻想」とその時代
研究発表 発表要旨
・開会の辞 佐藤健一(横光利一文学会代表)
*小林洋介
「〈心理〉文学の圏域についての再検討―文学的〈主義〉を形成する力学―」
*三浦卓
「川端康成「針と硝子と霧」をめぐって
―女語りとしての(内的独白)と土居光知「ヂヨイスのユリシイズ」―」
*野中潤
「震災復興期の表象空間―1930年前後の横光利一」
・閉会の辞 林武志(川端康成学会会長)
・司会者 山中正樹 川畑和成

第167回例会 平成二十七年十二月十九日(土)
時間:午後二時より
場所:鶴見大学
研究発表 発表要旨
*青木言葉(慶応大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程)
「「反橋」連作論―〈古典〉を読み替える―」
*石川巧(立教大学教授)
「性愛のコノテーション―川端康成『雪国』論」
・閉会の辞 林武志(川端康成学会会長)

第168回例会 平成二十八年四月十六日(土)
時間:午後二時より
場所:昭和女子大学
研究発表 発表要旨
*劉文娟(立命館大学博士後期課程)
「川端康成「令嬢日記」論」
*山崎甲一(東洋大学教授)
「「伊豆の踊子」のことば、その情理性」
・平成二十八年度総会
・閉会の辞 林武志(川端康成学会会長)

第43回大会 平成二十八年六月十八日(土)
時間:午後二時より
場所:静岡県伊豆市天城保健福祉センター(伊豆市との共催)
研究発表 大会要旨
*インタビュー「川端康成と湯ヶ島」
湯本館取締役社長 土屋晃氏
*講演「川端文学の源流・湯ヶ島での言葉」
國學院大學教授 石川則夫
・閉会の辞 林武志(川端康成学会会長)
・文学散歩のお知らせ

第169回例会 平成二十八年八月二十日(土)
時間:午後二時より
場所:サンピアン川崎 第三会議室
・開会の辞 川端康成学会事務局長 佐藤翔哉
研究発表 発表要旨と会場
*「川端康成「たんぽぽ」論―「魔界」の終焉か?」
武漢大学外国語言文学学院副教授 李聖傑
*「〈処女作〉が祟るとは何の謂ぞ」
川端康成学会常任理事 原善
・閉会の辞 川端康成学会会長 林武志
・司会 山田吉郎